サーバーの初期化と再開発

ビルの建設中
スクラップありきですが

引越元のサーバーを初期化しました。ポチるだけではありますが6年ほど動かしていたので感慨深く。とはいえ、むかし色々実験していてなにをインストールしてなにが動いているのか定かではないという状態に。

そういう意味では、ネットのサービスもいろいろとつくっては壊しでスクラップ&ビルドな感じが非常に不動産業に似たところもあると思う昨今です。違いがあるとすると、建築物は造るのも壊すのも結構大変ってことでして、心持ちとしてはあんなことやこんなことあったよねの人の思いも結構重いのだろうなぁとおもうところでございます。

写真は渋谷の再開発中のものですが、渋谷の街というのもなかなか定型がないというか工事中じゃない様を見たことがない街ではあります。だからこそダイナミックなもの。で、Webなんかも更新や手入れが大事、精進精進な思い出もある昨今です。


お引越し

トーマス・フル展
あまり投稿と関係ないですがトーマス・ルフ展をみた頃から取り組んでいたな、、、という感慨深い

リアルな引越しではなく、ウェブサーバーの引越しをしました!苦節10ヶ月ほど、そのうち8ヶ月ぐらいは放置をしてしまっていた本サイトをようやく新しい環境に移行しました。大きな引越しは2回目です、5年に1回ぐらい引越してるんではなかろうかと思います。

HTTPS化した!フルWordpress化した!テンプレ(ちょこっと)いじった!などやった感はあるのですが、貧弱なコンテンツやバグ修正を今後していくのであろうと思われます。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

(Firefoxだとセキュリティエラーが出る模様。。。)


“お時間”が必要 / 直感の自信

アートと音楽
バナー

あけましておめでとうございます、というか、寒中お見舞い申し上げますな1月終わり、思うところあり美術館にいってみるなど。

東京都現代美術館で「アートと音楽」という展覧会をやってます。来週末で終わりということなので、そういえばということで久しぶりに足を伸ばしました。

結果、超絶かっこいい!とおもっていた池田亮治さんの作品をまた観れたのが収穫。数年前に同じ東京都現代美術館でやっていた展覧会に衝撃を受けた記憶がよみがえりました。

とはいえ、思うところありいった美術館ですが、そこで思うところは、美術館はやっぱり音楽を鑑賞する場所ではあまりないな、、、ということ。そういうことをまず考えます。

一般に音楽が時間によって得られる芸術である一方、絵画は空間によって得られる芸術であるためがまず思い当たること。もちろん、音楽はその音場・音場によって音がどう感じられるか、また、絵画は時を経ることによって生じる変化によって得られる事柄があることは事実。

しかし、美術館では、主に観るものを納める箱として機能しているため、Aという部屋でBという音楽を、あるいはXのとなりにはYという音楽を、という展示がなかなか難しい。また、それを実現しようとすると防音室をいくつも作るのか、とか、ヘッドホンを使うなどになって、美術館の建築形態では対処できない、どうもぎこちない感じになってしまうようにおもいます。
言い換えると、絵画なら、見れば見えるし目を閉じたら見えない、一方、音って、耳を塞がない限り文字通り耳に入るんですが、意図して耳に入れるというのが大変だなぁと思うのも、展覧会を通じて感じたことの一つです。

そういう意味では、音楽を空間に釘付けにするという試みがすなわち芸術なんだろうということが考えられます。その結果、視覚的に興味深いのは、音の絵画化や新しい楽譜の試みだったりしました。
現代においては録音技術があるために、音そのものの再現は決して難しくはなくなってきています。しかし、楽譜といった記号にもどづく音楽の伝達は、指示している音と指示された結果が果たして一致するのか?というのはまた別の次元の話であり、そもそも音楽というモノが過去から未来へと受け継がれている事実に対して、実はすごいことなのではなかろうか、という気持ちになります。

デザインの観点からは、図面やデータに基づいてモノが出来上がるというプロセスに似ているな、ということ。例えばコンピュータのデータはデータを再現して記号を認識するという意味においては同一ではありながら、データが物理的なモノになる、例えば年末に印刷するような年賀状というのは紙やプリンタといった印刷状態が異なれば異なったものになります。
同様に、音楽も構想するということと再現するということについては全然別の次元のアートが存在するし、その違いに対して新しいアイディアや観念が生じることに面白さがあると考えます。

だったら指向性スピーカーや音場のコントロールによる空間と音との関係でできる音の世界を作ってみたいなぁ、などと妄想する展覧会でした。また、音楽と映像などが関係する作品は空間がないとできないのが痛し痒しでそれに適した芸術館的な公共建築を期待しちゃいます。

そもそも芸術としての音楽とアートとの関係を考える、なんてことは日頃の生活をしている限りほとんどあり得ないことなので、そのトリガーがとして展示があるだけでやっぱり新鮮な気持ちになりました。

2月3日までなので、お時間あるかた(ほんとに”お時間”が必要なので)はオススメの展覧会です。

で以下は、おまけみたい、ではありながら、!、と思うことです。

““お時間”が必要 / 直感の自信”の続きを読む