新型コロナウィルス騒動のさなか「極北」を読了す

さて、新型コロナウイルスCOVID-19の流行が報じられ、小中高校の登校停止の要請が政府からあったりと、近年なかった混乱がひたひたと生活に染み込んできた状況です。上記はWHOのProtect yourselfという自己防衛にあたっての注意事項ですが、日本で言ってるのと変わらないのと、注意すべきはいわゆる咳エチケットを実演してまして、マスクマスク!とは言ってない点。

そして、たまたま手に取って読んだマーセル・セロー著、小説「極北」はいわばディストピアSFともいえる内容でして、新型コロナウィルスが社会に与えている影響や、その結果生じている人と人とのある意味では分断の状況と妙に共通したものを感じました。

極北 (中公文庫)

極北 (中公文庫)

posted with amazlet at 20.03.01
マーセル・セロー
中央公論新社 (2020-01-21)
売り上げランキング: 7,655

SFとして、読み物としておもしろく、重苦しいわりには爽快な読後感です。が、爽快な読後のわりには腑に落ちない心持ちになって、まずは腑に落ちない原因を探ります。また、昨今の世相を反映して、コミュニケーションは大事だねという考察を行います。

以下ネタバレありの考察です。

“新型コロナウィルス騒動のさなか「極北」を読了す”の続きを読む


ケニア、マサイマラのサファリツアーの記録

昨年5月に実はちょいとケニア・マサイマラ国立公園に2泊3日で旅行記いきまして、不肖で写真をまとめていなかったのでこちらにおまとめ。

とはいえ、この動物さんのお名前は?というのを調べるのがなかなか大変ではありまして、サラリと名前を言えたらいけてるなとの思い。

参考図書はこちらになります。山崎豊子さんの「沈まぬ太陽」の主人公のモデルになられたとも言われる小倉寛太郎さんの著作となります。専門カメラマンというわけでもなく、フィルムカメラでここまで写真をきっちり撮られているのは驚きです。

フィールドガイド・アフリカ野生動物―サファリを楽しむために (ブルーバックス)

肉食

Lion
雄ライオンさん、昼下がりはやる気がないのか、そもそも常にやる気がないのかという雰囲気
kids lion
雌ライオンさんに引き連れられた子供ライオンたち。ノビをするきっづに同行したオーストラリアのお姉さんがSo cute!とテンションだだ上がり。
Lion girl
雌ライオンさん。第一村人的に遭遇。
Black-backed jackal : Canis mesomelas
小さいですがジャッカルさん。背中が黒いのでセグロジャッカルさんと思われます。
Cheetah
チーターさん。なんスカ?という表情がいい感じです。
Cheetah
遠くを眺めるチーターさん。顔ちっさ!という驚き。

草食でデカイ動物

Hippopotamus
カバです。水中なのでよくわからないですが子供カバがちらほらいるかと。川端では時折フギャーという鳴き声が聞こえます。
rhinoceros
すんごく遠かったのですが、サイさんです。カバを見せようとドライバーさんが奮闘したのですが、自動車がスタックして地獄の行軍でもあり。
African elephant
ゾウさんです。雨季なので草木が茂り、もりもり食べている模様。
African elephant
ゾウさんたちです。小ゾウが見えます。こう見ると、ゾウの体の大きさと立ち木のコンモリ感が似てますね。
Giraffe
キリンさんたちです。模様をみるとギザギザしているのでマサイキリンと思われます。若干1匹カメラ目線をいただいております。
Giraffe
キリンさんと遠景。

草食の渋い動物たち

Topi
トピというウシ科の動物。結構カメラ目線をおくってきます。
Topi
こちらもトピ、振り返りのカメラ目線。
wildebeest
ヌーです。GUNプロジェクトのあの顔はこれだと今気づきまして、IT関係者は足を向けて眠れません。
Thomson's gazelle
トムソンガゼルさんたちです。常に尻尾をフリフリしています。
zebra
シマウマさんたちです。この模様はグラントシマウマさんと思われます。
Anubis Baboon
サバンナヒヒさんです。遠方の岩場にもちらほらいらっしゃいますがひなたぼっこでしょうか、のんびり雰囲気です。

鳥類ですが名前がわからないのが多い

unknown bird
見た目はいかついのですが、さっと調べた限りでは名前がわからず。ご存知の方を募集中です。
unknown bird
こちらも綺麗な色をしているのですが名前が不詳。詳細をお待ちしております。
Common bulbul
キャンプ地にいたアフリカヒヨドリさんです。尻尾の付け根が派手なのがオシャン。
Grey crowned crane
ホオジロカンムリヅルさんたちです。水曜どうでしょう、初めてのアフリカでの大泉洋さんのアフレコが有名なあいつだと思います。
unknown bird
ピンが来てませんがこちらも謎鳥。喉周りのフックラ白い羽毛がいい感じです。

風景

こんな視点でサファリツアー。雨季真っ只中で雨が上がってよかったねという状態です。
masai mara national reserve gate
こちらが公園へのゲート。ぶっちゃけ、広大な公園は出入り自由ではあろうかと思いますが、車両の出入りはこちらで管理。
safari cars
実際は発見情報を元にこのように車両がよってたかります。情報を掴んでいかに早く移動して場所を確保するかがドライバーさんたちの腕の見せ所。
river
雨季のだくりゅう。学生さん型がたもとにいらっしゃるね。
campsite
キャンプサイドの食堂。電気は夜切れます。バッテリー充電もここだけなのでスマホ充電はたいへんです。
地平線
また行きたくなりますね〜。

主な機材

  • Canon EOS 6D mark2

7Dだろというご意見多数ですが男ならフルサイズということで。GPSを常時オンにしていると電池の消耗が激しいので切っていましたが、逆にどこの写真が変わらずで、できれば適時ONにした方が良かったかなと。

 

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 6D Mark II ボディー EOS6DMK2
キヤノン (2017-08-04)
売り上げランキング: 30,639

 

  • Canon EF70-300mm F4-5.6 IS II USM

標準ズームも持ってきましたが、ほぼこれ1本で問題なかったかと。ただし、もっと長いレンズが欲しくなってきておりまして600mm欲しいなぁ、、、と。

 

  • Fujifilm FinePix XP90

これはサブで持ってきましたが、防水防塵なので、雨や揺れる車内など、機材のケアが煩雑な時にはパッとさしてさっと撮るにはお手頃でした。最新はXP130になっていますが個人的にはこういったコンデジを持ってくことをお勧めします。

 

FUJIFILM デジタルカメラ XP120 ライム 防水 FX-XP120LM
富士フイルム (2017-02-02)
売り上げランキング: 124,936
  • iPhone 6s

一応iPhoneでも写真を撮ったように思うのですが何しろSIMのPINを忘れて通信できずで地図も翻訳も検索もできずで辛かった。

 

 

盛り上がる本と映画

最初に書きましたが、ある程度動物の名前や姿を押さえておくと良かったなと。あと、なるほど人はサファリに向かうのかは沈まぬ太陽から何かを感ずるかもしれません。

沈まぬ太陽〈1〉アフリカ篇(上) (新潮文庫)
山崎 豊子
新潮社
売り上げランキング: 22,188
沈まぬ太陽 スタンダード・エディション(2枚組) [DVD]
東宝 (2010-05-28)
売り上げランキング: 3,407

あけましておめでとうございます 2019

HAPPY NEW YEAR 2019
HAPPY NEW YEAR 2019

あけましておめでとうございます。いちおう富士山の写真をということで直近の撮影の写真をかこうしたものとなります。

抱負、あるいはテーマは、手仕事するぞ、でございます。どうぞよろしくお願い申し上げます。